人気ブログランキング | 話題のタグを見る
二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
ベイエリアとメタル
1983年7月某日@サンフランシスコ

「UriahHeepのライブがあって、そのライブのゲストの話があるんだけど」
「ユ、ユーライヤヒープ????」
LOUDNESS初のカリフォルニアツアーが始まるその日、マネージャーがおもむろに言った。

ユライヤヒープと言えば、すでに70年代ロックバンドのレジェンド(伝説)的存在であった。
高校生の頃、僕はシャラから幾度と無くレコードを借りていてよく知っていたし、そのバンドのゲストに出られるなんて光栄な話であった。

「ど、どこでそのライブがあるのですか?」
誰かがダニーに聞いた。
「サンフランシスコのどこかのクラブだと思うけど」
「クラブですか・・・へぇ~あんな有名なバンドでもクラブなんですね」
「そんなものだよ!」
ダニーが平然と言った。

ユライヤヒープがクラブでやるのか・・・
僕は意外だと思った。
日本なら間違いなく2000人クラスのホールか、もしかしたら武道館クラスかも・・と色々考えた。

ちなみに、クラブとは日本で言うところのライブハウスである。
僕の数人のアメリカの友人に聞いたところ、アメリカでは「ライブハウス」と言う言葉は使わないけど、彼らが「ライブハウス」と聞けば、「ロック」より「ストリップショー」をイメージするそうだ。
音楽を演奏するような日本で言うところの「ライブハウス」は、アメリカでは「クラブ」と言うことを始めて知った。

午前中にこのユーライヤヒープの話があったけど、なんと午後にはそのライブがキャンセルになっていた。

「もはやキャンセルかい!はや~~~!ほんまかいな!!」
「こんなこと良くあるよ」
ダニーがまたまた平然と言った。

(アメリカのライブ事情は我々日本国内ではあまり考えられないような事態が起こるようだ!)
その時は唖然としたけれど、その後スケジューリングからタイムスケジュールにいたる、アメリカ独自のコンサート/ライブ運営法に慣れるのも早かった。

80年代にサンフランシスコのベイエリアと呼ばれる場所からLAZZ ROKIT, EXODUS,DEATH ANGEL,TETAMENTなど、スラッシュメタルバンドが沢山誕生してベイアリアが「スラッシュクランチの発祥の地」と呼ばれるようになった。
その同じ時代に、奇しくも遠い日本からLOUDNESSが吸い寄せられるようにこのベイエリアに来たのも何か因縁深いものを感じる。

何度も言うようだが、初めてサンフランシスコへ行った頃、サンフランシスコとヘビーメタルやハードロックが同列にイメージ出来無かった。
サンフランシスコのロックと言えば、漠然とだが、ほのぼのとした街のイメージと共に、あくまでもサーフィンロックやジャニスジョップリンなどのサイケデリックロック、サザンロックなどのレイドバックしたロックのイメージしか沸いてこなかったのだ。
ところが、実際はそうでは無かったのだ。
若者は激しいロックに飢えていた。
ヘビーでハードでスピード感のあるロックに飢えていたのである。

サンフランシスコ到着後、僕たちはあるヘビーメタル専門レコードショップへ招かれた。

「このレコード屋さんはサンフランシスコで絶大な影響力を持っているメタル専門店だよ」
ダニーが説明してくれた。

確かにそこは普通のレコード屋ではなかった。
アンダーグランドのメタルロック専門店で、世界中からメタルレコードを輸入していた。
勿論、日本からもだ。
そこの店長はメタル命のおっさんだった。
我々が店に入った時、すでに店には熱心なメタルファンで一杯だった。
お客さんは皆非常に若くて、恐らく14~16歳頃だろう。
彼らは皆、黒の革ジャンにお気に入りのメタルバンドのロゴをあしらい、鋲のついたベルト、リストバンド、長髪と言った絵にかいたようなメタルキッズファッションだった。
今風に言えば「ベイエリアのメタルオタクの巣窟」と言えよう。

我々が店内に入るとすぐさま「LOUDNESS!!!!」と叫びお客さんが近寄ってきた。
彼らは我々が店に来る情報をすでに掴んでいて我々を待っていてくれたのだ。
彼らは身に着けているファッションは怖いけれど、あどけない笑顔で抱きつき、まくし立てた。

「LOUDNESS!!俺たちはずっとお前たちがアメリカに来るのを待っていたんだよ!!」
ダニーが通訳してくれた。

我々はそこの店で、ベイエリアのファンジン(メタルファンの同人誌みたいなもの)の取材を受けた。
当然我々にとってはアメリカで始めてのメディア取材となった。
彼らにとって、我々はまさに『エイリアン』だったに違いない。
東洋人によるメタルバンド・・・・。
彼らには聞きたいことが山ほどあった。
「日本のメタル事情は?」「我々の音楽的バックグラウンドは?」「日本のメタルライブの様子」「LOUDNESSのようなバンドが他に日本には多くいるのか?」「日本人はロックをいつ頃から聴き始めるのか?」「そもそもロックはポピュラーな音楽なのか?」「親の世代はロックやメタルに関してどう思っているのか?」「楽器は簡単に手に入るのか?どこで買うのか?」「楽器は自己流で習得したのか?」「学校の先生はメタルをどう思っているのか?」「メタルを職業にして親はなんと言っている?」、はたまた「日本には未だに侍はいるのか?」「刀を持っているのか?」「LOUDNESSもちょんまげやふんどしをするのか?」「いつちょんまげをするのか?」「寿司やてんぷらばかり食べるのか?」・・・
彼らの僕たちへの興味は尽きないようだった。

逆に僕は聴いた。
「LOUDNESSのメタルはどうだい?」

彼らは大声で真っ赤な顔で答えてくれた。
「ユニークだ!とても日本的だ!俺たちには無いグルーブやバイブレーションに溢れている!ミステリアスだ!とにかく凄い!ロックしている!メタルだ!!!!」

ここサンフランシスコにはシャレにならないほどの熱心なメタルファンがいると思った。

そして後日、案の定、このベイエリアメタルキッズは世界のロックシーンを塗り替えるほどの巨大な力となりその影響力は絶大なものとなった。

「LOUDNESS!!ライブを楽しみにしているよ!!」

我々が表敬訪問したレコード店を出る時にあっちこっちでお客さんが声をかけてくれた。

"BURNING LOVE!!" "ANGEL DUST!!" "IN THE MORROR!!""YEAH!!!!"

店内のあちこちで曲名を叫び、歓声があがった!

サンフランシスコは我々が想像していたのとは違った、本格的なメタルの街であった。

僕はこれから始まるアメリカライブが凄いことになるような予感がした。
by loudness_ex | 2008-09-09 18:31
excite. MusicMall

ブログトップ
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。