二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
アースシェイカー初ライブその2@道頓堀の夜
LOUDNESS豆日記&情報

前回、LOUDNESSデビュー前に、僕の前歯をインプラントにしろと事務所の至上命令が出たと書いた。
実はその時、歯の治療と共に「二井原お前は関西弁禁止だ!」と言う史上最大の厳しいお達しも当時のプロデューサーから出たのである。
僕に「死ね」と言っているようなものだった。

まだ関西弁が市民権を得る前の話。

------------------------------------------------

アースシェイカーデビューライブは無事に終わった。

高校の文化祭と同じで、ライブ内容の詳しい記憶は全く無い・・。
多分、オリジナル曲半分、コピー曲半分ぐらいだったと思う。
コピーはRUSH,Scorpions,Van Halen, UFO, NAZAREATH(?)辺りかな?

多分シャラあたりは録音テープ、いや、もしかしたらヴィデオテープを持っているかもしれないが・・。

2ステージ、演奏時間で約80分強 全速力で駆け抜けた怒涛のライブだった。
ライブ前の虚脱感が嘘のようなエネルギッシュなライブだった。
僕の白いジャケットは絞れば滝のように汗が流れ落ちた。
白いロンドンブーツの中は水の中に入ったように靴下が濡れてグチャグチャと音がしていた。
体からは湯気が立ち、汗が吹き出していた。
ライブ直後、楽器をステージに置いたままバハマの階段を駆け上がり外に出た。
上半身裸で息を切らしながら道路へぶっ倒れた。
肩で息をしながら大阪の道頓堀の夜空を見上げた、満天の星が美しかった。
夜風が体を癒してくれた。
やっと正気に戻れた。

僕はこのアースシェイカーライブ以前にライブハウスでハードロックバンドのライブを見たことがなかった。
所謂、ライブといえば上田正樹&サウスツーサウス、ソーバッドレビュー、優歌団ぐらいしか見たことが無かった。
日本人ハードロックバンドのライブはバウワウと紫ぐらいしか見たことが無かった。
でもその2バンド共大きなステージだったし、彼らはすでにプロのバンドだった。
大阪で先輩にあたるアマチュアハードロックバンドを僕は見たことが無かったのだ。
ブルースロックバンドはそこそこいたけど、純然なハードロックバンドはまだそれ程多くは無かったと思う。
唯一『レイジー』がいたけれど、『レイジー』はすでに上京していてアイドルポップグループと化していた。
実は、神戸(三宮?)出身の偉大なるカリスマハードロックバンド「山水館」や神戸(三宮?)出身の偉大なるプログレバンド「シェラザード」が存在していたのだが、彼らの存在を知るのもアースシェイカー初ライブ後である。(多分)

僕に関して言うと、アースシェイカーの初ライブ以前に影響を受けるべき先輩ハードロックシンガーがいなかった。
逆に言えば影響を受けるべき先輩がいなかったお陰で、誰の真似でもない、僕独自のハードロックヴォーカルの世界が出来上がったとも言える。
そう言う状況であったからこそ、僕のあの苦し紛れに出た「前代未聞の素っ頓狂ハイトーンの凄まじい怒涛のケンカ腰アホMC」も産まれたのである。
そして、その時代ではまだ目新しかったマイケルシェンカーやヴァンへーレンを髣髴させるタイプのギターリスト、ゲディーリー並のハイトーンのヴォーカル、やたらでかい音をたたき出すハードなドラマー、ちょっと手前味噌な話になるけれど、僕達はそれまで関西にはいなかった新鮮な空気を持ったハードロックバンドだったと思う。
いや、いたのかもしれないけど、少なくとも僕は知らなかった。

友達は興奮で頬を真っ赤にして「お前ら無茶格好よかったぞ!!」と抱きついてきた。
マスターも「初めてのライブやったけど、アースシェイカーおもろかったわぁ・・・」と言って微笑んでくれた。
結局デビューライブがまずまずの良い出来だったお陰で、その後バハマで定期的にライブをするようになった。

服を着替えて、お客さんがまだお酒を飲んだりして残っている会場に戻って僕達は機材の片付けをやった。
搬入は3人だったけれど搬出は友達も手伝ってくれた。
すべて片付けが終わり会場で一息ついていると、シャラが封筒を持って来た。
「今日のギャラやでぇ~♪」満面の眩しいほどの素晴らしいシャラの笑顔だった。
「ほな、一人1000円ずつなぁ~」(・・ぐらいだったと思う)
ポケットにはいつも小銭しか入っていなかった僕にとって1000円は今の貨幣価値で言うと200万ほどの価値があった。(んな訳あるかい!)
「残りはこれからの経費で貯金しよな」とシャラが提案した。
僕はこのギャラが嬉しかった、産まれて初めて歌って稼いだお金だ。
小学4年生の時に新聞配達をやってもらった給料の次に嬉しかった。

3人で一緒にロックで稼いだ夜、プロのロックミュージシャンとしての第一歩だった。
アースシェイカーの記念すべきデビューライブの道頓堀のあの夜を僕は生涯忘れない。
[PR]
by loudness_ex | 2008-04-09 21:19
excite. MusicMall

ブログトップ
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。