二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
新たなる挑戦
LOUDNESS豆日記&情報

今日、メタルマッドの歌を練習した。
勿論、ライブがあるからだ。
レコーディングの時に歌の練習用にカラオケを作っているので、CDと同じ音源のカラオケヴァージョン、史上最強のカラオケで練習していることになる。
僕は歌の練習をいつも自宅の2階にある仕事部屋でする。
僕の部屋は防音をしていない部屋だけど、隣近所には誰もいないから特に問題はない。
歌う時はレコーディングしている時と同じ状況で歌うのだ。
ヘッドホーンをしてレコーディング機材を使って最高の音質で歌う。
気持ち良いよ~~~~♪
今回のライブ曲、どの曲も歌っていて気持ちが盛り上がる曲ばかりだ。
みんなが盛り上がっているイメージをしながら歌う、このイメージトレーニングが大事だ。
毎回、ハイトーン連発の曲が多いのが大変だけど、ペース配分を冷静に考えたりする。
練習はライブのメニュー通り頭から順番に歌うのだ。
久しぶりのLOUDNESSライブ、待ち遠しいな・・。

-----------------------------------------------

僕もシャラもわったんも大学生になった。

みんなそれぞれの大学入学の行事も落ち着き、アースシェイカーの練習が再開した。
アースシェイカーの本格的活動だ、練習にも力が入った。
週に数日、お昼から夜までわったんの家でリハーサルに励んだ。
そして、コピー曲をやりながらオリジナル曲にも着手した。

僕にとっては始めての曲作りだった。

今までバンドで曲を作るということの経験が殆ど無かったので何もかもが手探りだった。
曲のアイデアはシャラが作ってきた。
まずはシャラがリフを弾きこんな感じやとお披露目をする。
そして、ベースラインを一緒に考えてそれに合わせてドラムアレンジも仕上げていった。
楽典の知識は当然無い、あるのは本能だけだ・・・でもそれで充分だった。
「そうやなぁ~、とにかくイントロがあって、ここのへんで歌が出てきて、この辺で盛り上がってソロ行こうか?」

「このへんで・・・」と言うのがかなりロックしていて良い感じだ。
僕は訳も分からずシャラの指示通りベースを弾いた。

ちなみに曲作りの常套は、曲の核となるサビセクションに時間をかけることが多いだろう。
要するに、いかにして曲をイントロからサビまで感動的に導くかを計算して曲構成を考え、その上で、サビとして印象に残るメロディーを考えるのに一番時間をかける。

初めて曲を作った頃は、とにかくイントロが格好良ければ幸せだった。
極端な話、イントロ8小節が命だった。
衝撃的なリフ、攻撃的なリフ、野獣的なリフ、ハードロックの格好良さだけを追及した曲構成に全精力をかけていたように思う。(今でもそれはあまり変わっていないなぁ~)

曲の楽器アレンジがおおまかに出来上がると、「ニーちゃん適当に歌って」とシャラが言った。
僕はわけも分からずベースを弾きながら吼えた、叫んだ。
メロディーと言うようなものは頭の中には無かった。
とにかく僕はギターリフを体に感じながら野獣のごとく叫びまくった。
僕の本能に火がついた、僕の魂が暴れまわった。
歌詞なんてない、無茶苦茶な叫びだった、まさに楽器を持つ野獣と化した。
そして、すでにこの頃からハナモゲラ作曲法は完璧だったかもしれない。

初めてロックの曲を作ったけれど、僕たち3人はチマチマと頭で考えるのではなく、初期衝動の導くまま、動物的、野獣的な本能を頼りに曲を作った。
初めての曲作りからハードロックの作曲の王道をすでに突き進んでいたのである。
もうこれはロックをやるべくして備わった本能、才能だと我ながら思う。
これが出来るか出来ないかがハードロックが出来るか出来ないかの大きな分かれ目となるのではないか?

始めて作った曲の僕の頭の中にあったヴォーカルのイメージはまさにRUSHだった。
そして、初めて作った曲(タイトルは覚えていないけれど)の出来上がったヴォーカルパートはRUSHに似ていた、と言うか丸出し、と言うかはっきり言ってパクリ・・。
とにかく忘れないうちにその演奏を録音した。
僕達はその出来上がった曲に興奮した。
確かな手ごたえを感じた。

僕はオリジナル曲がコピー曲よりも魅力的で楽しく夢中になれることを発見した。
テープをダビングしてもらって僕はテープを家に持って帰って歌詞を考えた。
辞書を片手に英語もどきの歌詞を作った。(今でもそれはあまり変わっていないなぁ~)

どんな内容の歌詞だったのか全く記憶に無いけれど意味不明な歌詞であったことは想像に難くない。(今でもそれはあまり変わっていないなぁ~)

色んなアイデアが溢れて出てきて、あれよあれよと言う間に数曲が出来上がった。
どの曲も勢いのある元気一杯の曲ばかりだった。
アースシェイカー、3人組ハイトーンヴォーカルのハードロックバンドの原型が出来上がったのだ。

ある日シャラが「ええ音でちゃんと演奏して録音しようや」と提案した。
今のようにMTRでデモテープを録音するような時代ではなかった。
スタジオの真ん中にカセットデッキを置いて、せーので頭から最後まで一気に演奏したものをカセットデッキ内蔵のちゃちなモノラルマイクで録音するという原始的な方法だった。
ひずみまくった音だったけれど、それがまたロック度を増す役目もした。
何度も満足が出来るまで演奏した。
オリジナル曲数曲とコピー曲数曲を録音した。

「このテープをライブハウスのバハマへ持って行くわ!」シャラが言った。

「えっ?ラ、ライブハウス??バハマってなんや???」
僕はライブハウスは知っていたけれど、まさか自分がそんなところで演奏するとは思っていなかった・・・・。

「大阪のミナミになバハマ言うお店があってな、そこでライブすんねんや、チケットも売るんやで」シャラは説明してくれた。

「えっ、うそや~~まじかいな!!そんなんして大丈夫なんか??」

僕達はライブハウスと言う未知の世界にすこし不安を覚えながらも、とにかく突き動かされるまま一歩先へ踏み出したのだ。
[PR]
by loudness_ex | 2008-04-05 21:59
excite. MusicMall

ブログトップ
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。