二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
ジェフベックそっくりだった男前
LOUDNESS豆日記&情報

昨日テレビを観ていたらX-Japanの記者会見をやっていたな。
Drの人が「9月にニューヨークのマディソン スクエアー ガーデンでライブすることを決めました」と言っておった。

(おぉーマディソンスクエアーガーデンかぁ・・懐かしいな)と思った。

LOUDNESSがあそこでやったのはもう20年以上も前になる・・。
我々はモトリーの前座だったから何とも言えないけれど、LOUDNESS以外にマディソンスクエアーに立った日本人バンドと言えば、僕の友人がトランペットをやっていたバンド和製サルサバンド/オルケスタ・デ・ラ・ルスがいる。
多分、彼らヘッドライナーショーをマディソンスクエアーでやっているはずだ。
トラペットの友人曰く、彼等のマディソンスクエアーのライブにはラテン系の人達で溢れかえったそうな。
まぁー当時ビルボードのサルサのチャートでオルケスタ・デ・ラ・ルスは全米No1を数週間維持していたから当然と言えば当然だわな。
ん~?と言うことはX-Japanが「史上初!」ということでも無いのか?

LOUDNESSがマディソンスクエアーでやった時は「さぁーマディソンでライブだぁ~~!」みたいな感じではなかったなぁ。
アメリカのマネージメントから渡された全米ツアースケジュールの確か5つめぐらいにN.Y. MADISON SQUARE GARDENって書いてあって、あくまで沢山あるアリーナショーの一つでしかなかった。
「おぉツェッペリンの映画のとこやな」とマー君が言っていたのを覚えている。
あ、それとマディソンの会場に入るとき、でっか~いリムジンに乗って会場入りしたのが嬉しかったなぁ。
f0158769_202183.jpg


とにかく1985年86年のLOUDNESSアメリカツアーの会場は毎晩マディソンスクエアーガーデンぐらいの大きさの会場ばかりだったから、日本に帰ってきて武道館でやった時は武道館が小さく思えた。(笑
VoのTOSHIさんよ、あなたが色んな施設や過酷な場所で生ギター一本持って歌っていると噂を聞いたけれど、本当に諦めず歌い続けて良かったなぁ。

============================

僕は「軽音楽部」の扉を開けて中に入った。

「入部したいのですけど・・」少し緊張した。
「新入生大歓迎!!」と優しそうな女性の先輩が声を掛けてくれた。
顔中に髭をたくわえた熊さんと言う人が部長だった。
サングラスをしている熊さんは少し怖そうな感じはしたけれど、しゃべる言葉が九州弁で愛嬌があった。
熊さんからひとしきりクラブの説明を受け、逆に楽器は何がしたいの?とか楽器の経験は?とかバンド経験は?とか聞かれた。
僕は「ベースをやっています」と言った。
敢えてアースシェイカーをやっているとかハードロックバンドをやってきたとかは言わなかった。
僕と熊さんが話している間、教室の中では先輩らしき人達がセッションなのか練習なのかやっていた。
彼らはワンコードでファンキーなセッションをやっているようだった。
僕は何気に演奏している人を眺めて(おぉー大学生になるとフュージョンが中心なんや)と思いながらしばらくその演奏を聴いていた。

僕が大学に入った頃はハードロックと言うジャンルはかなり下火になっていて、大学生ではもはや誰もハードロックをやろうと言うような人はいなかった。
ミュージシャンは皆フュージョンに夢中になっていて、ギターリストのリーリトナーやラリーカールトン、フュージョン・ジャズバンドのスタッフやクルセイダーズなどが人気あった。
僕も一応フュージョン系の曲を多少コピーをしたりしていたけど、あくまで勉強のために。

先輩達のファンキーなフュージョンセッションはかなり上手くて、特にレスポールを持っているギターの人がかなりの腕前だった。

そのギターの彼は物凄く華奢でガリガリで眼光が鋭かった。
一瞬、日本人には見えない堀の深い、格好良い男前だった。

しばらくそのギターの人のプレーを聴きながら、(それにしてもこの人ジェフベックに弾き方もフレーズもルックスもそっくりやな)と思っていた。
高校の頃僕の周りにいたギターリストは皆ハードロックギターをやっていたから、彼のようなジェフベック系のアプローチをするギターリストにはとても興味を抱いた。
かなり長い時間セッションは繰り広げられていてそのギターリストは僕を圧倒し続けていた。
彼はいきなりジェフベックのジェフズブギ―のイントロを弾き始めた。
ジェフベックグループのライブで有名なこの曲を彼は完全コピーしていた。

しばらくその見事な演奏を聴いて、僕はそのジェフズブギーの圧巻のソロを聴きなが部室から外に出た。

(ひゃ~~凄いギターの先輩がおる!!!!仏教大学恐るべしやなぁ)

(よし、近いうちに自分のベースを持って行って、あの先輩等のセッションに混ぜてもらおう)と考えた。

でも、フュージョンは苦手やなぁ・・・・とも思った。
取りあえず家に帰ってすぐにジェフベックライブの曲をコピーした。

あれから数日たって軽音の部室へ行くと「新入生集合!」と言って僕は呼ばれた。
「これから新入生の自己紹介と先輩の紹介をします」会計係の女性が言った。
新入生は20人ほどいるようだった。
でも、誰が新入生で誰が先輩かはあまり分からなかった。
僕は教室内にいる部員を見渡してジェフベックそっくりの彼を見つけた。
(オーあのジェフベックの人や!)僕は心のなかでつぶやいた。

「それでは新入生、自己紹介お願いします」と会計の人が言った。
数人自己紹介が終わった所で僕の番が来た。
「二井原です、ベースやっています。大阪出身です、これからよろしく」僕は挨拶をした。

僕の後になんとあのジェフベックが立ち上がって自己紹介を始めた。

(え~~なんやこの人、新入生やったんかぁ~、と言う事は俺と同じ年なんやなぁ~)

ジェフベックは言った、「始めまして、ギターやっている藤村幸弘です。高校の時のあだ名は「茶々丸」です。よろしく!」

(なんやーこのジェフベックそっくりの男前は「茶々丸」言うんか、ひょうきんなあだ名やなぁ・・)

新入生の「茶々丸」はすでに先輩から一目置かれていた・・・。
[PR]
by loudness_ex | 2008-04-04 20:50
excite. MusicMall

ブログトップ
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。