二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
アースシェイカー誕生
===========
LOUDNESS豆日記or豆情報

LOUDNESSのライブのPAの音の大きさは半端じゃないけれど、実はステージ上の音のでかさも凄かった。
モニターの音のでかさはミュージシャン仲間の間でも有名だった。
普通、ステージには自分の演奏を聞く為のモニタースピーカーと言うものがある。
それぞれのパートの足元に2個モニタースピーカーが置いてある。
ちなみに、我々の間ではそのモニタースピーカーのことを「転がし」と呼んだりする、まぁー業界用語ですわ。
ちなみにステージ右が「カミ」左手が「シモ」、ステージのものを片付けることを「ワラワス」と言ったりする。
最近ではライブハウス形式のライブが多いからそんなにモニターの音はでかくないけれど。
一番モニターの音がでかかったのは80年代のホールツアーの頃だな。
ドラムの人も当然モニタースピーカーがある、普通は我々と同じようなスピーカーなのだけど、ひぐっつあんのは規格外だった。
まぁーモニタースピーカーと言うよりモロPAだったな・・・PAがステージの後ろにある感じ。
どれだけ音が大きかったと言うと、例えばベースドラムの音の風圧で髪の毛や衣装が揺れるぐらい。
いや~ヴォーカリストには地獄だったっす。

===============

僕達は18歳になっていた。

「曲作ったで~、聞いて~や~」シャラがテープを持って僕の教室へ来た。
カセットにはちゃんと2本ギターでリフが録音されており、メロディーやソロも録音されていた。
曲調はモロハードロックで、その曲は後のアースシェイカーのアルバムでも聴けるはずだ。
アースシェイカーのアルバムでの曲名は忘れたけれど・・・・
そのギターリフは基本的に当時のままだったと思う。

「おぉ~~なんじゃ~~これは!!!!レコードみたいやんけ!!目茶格好ええやんけ~~!!」
僕は初めて聞くオリジナルロックの曲を聞いて興奮した。
「シャラ凄いなぁ~」
曲そのものも格好良かったけれど、ギターが沢山ミックス録音されているのに仰天したのだ。

今は、DTM(デスクトップミュージック)とか言って楽器が弾けない人でもコンピューターを駆使して物凄い演奏をプログラミング演奏できるし、デジタル録音機(MTR)の進歩で安価で一昔だったらありえないような機能がオールインワンで手に入る。
ちなみに、MTR(マルチトラックレコーダー)と言うのは多重録音機で、2トラック以上の複数の録音トラックの録音再生を行う事ができる録音機器で、それぞれのトラックで個別に録音、再生を選択する事ができる優れもの。

さて、話は1978年の話だ。
シャラが作ったそのテープはなんと英語の教材用の録音機(2ch)で録音されていた。
何度も、何度もテープを出しては録音して作った涙ぐましいもの。

「このオリジナル曲やろうや!」
シャラから初めてのオリジナル曲をバンドで作ろうと言う提案であった。

WILD BOARは高校生の青春の1ページ的な趣味のバンドだったし、オリジナル曲を作ると言う発想は無かった。
シャラのオリジナルの提案は紛れも無い本格的なロックバンド結成を意味していた。
その為には、本気でバンドをやる気のあるメンバーを探す必要があった。
そこそこ技術的にも優れている人が欲しかった。

僕とシャラは梅田の楽器屋の前にいた。
シャラは自分で手書きで書いたメンバー募集のチラシを持って。

「ドラマー募集、当方18歳、GtrとBass ハーロックバンドやります!」

胸を躍らせてメンバー募集の張り紙を楽器屋さんの掲示板のようなボードに貼った。
僕達の頭の中ではすでにスーパードラマーと一緒にバンドをやっていた。
何でも思い込みが一番大事だ。

ついでに、他のメンバー募集の張り紙をチェックした。
その中に「Gtr&Bass募集!WE ARE BLUES LIKE!!」と言うアホな文面の張り紙を見つけシャラが大爆笑した。
「こいつ等アホやな~~文法もへったくれもないんやな~~」
「このバンドに連絡したろか?」シャラが悪戯っぽく言った。

数日後、僕とシャラは「WE ARE BLUES LIKE」バンドの人の家に行った。

「自分ら高校生なん?ちゃんと楽器弾けんの?」
社会人のその人達はシャラに質問した。
「ギターあるからなんか弾いてみぃー」
少しバカにしたような感じでギターを渡されたシャラは猛烈な早弾きを披露、その社会人の度肝をぬいた。
「自分ら・・・す、凄いなぁ・・・」
「WE ARE BLUES LIKE」バンドのリーダーらしき人はしばし呆然としていた。
しばらく僕とシャラと「WE ARE BLUES LIKE」バンドのドラムの人とジャムセッションをして帰った。
「シャラどーすんねん?あのバンドに入ってやるんか?」
「あほーあかんやろ・・・WE ARE BLUES LIKEやでぇ・」
その後「WE ARE BLUES LIKE」バンドのリーダーから何度も家に電話がかかってきて「俺らのバンド入れやこりぁ~」と脅された。
マジ怖かったなぁ・・・・。

数日後、芦屋に住むボンボンのY君から応募の電話が来た。
「ハードロックのドラムやりたいねんけど、まだ募集してんの?」
18歳で同じ年のY君の家は芦屋にある大邸宅で、その邸宅の屋根裏になんとバンド練習できる部屋があった!
彼からそこへ招待された。
僕とシャラは逆にオーディションされたのかもしれない・・・。(笑
「わったん」と言うあだ名が付いたY君のドラムは高校生にしては充分パワーがありテクニックもそこそこあった。
性格もさわやかで格好も良くばっちりの人材だった、なんと言っても練習し放題の部屋があるのだ!

ただし条件があった、彼の高校卒業までの期間限定でのバンド参加だった。
わったんは高校卒業後アメリカの大学へ留学することが決まっていたからだ。
(実は後日、わったんは大学1年までアースシェイカーでドラムを叩いていたとシャラからの指摘がありました。そう言えばわったん甲南大学行ってたことを思い出しました。大学1年でアメリカ留学だったのね。わったんごめんなさい!
ここに訂正をしてお詫び申し上げまするぅ~許して~~。)


僕達は3人でバンドをすることになった。
Y&Tが大好きだったシャラはもうバンド名を決めていた。
Y&Tの曲名からいただいた名前だった。
「アースシェイカーってどうや?」

アースシェイカーが始まった・・・・。
[PR]
by loudness_ex | 2008-03-24 18:41
excite. MusicMall

ブログトップ
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。