二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
70年代のミュージックライフ
LOUDNESS豆日記

僕にとって最新アルバムMETAL MADは再結成後に作ったアルバムの中で最も好きなアルバムだ。
再結成して初めてリハーサルやった時、80年代に比べてチューニングのせいもあったけれど、タッカンのギターの超ヘビネス重低音に圧倒された。
再結成後のサウンドは80年代に作っていたサウンドや曲の方向性からがらりと変わり、ぼくにとってその方向性やサウンド全てに対して手探りのような感じだった。
ここ数年のアルバムでやっと暗中模索状態から抜け出せたように思う。
色んな音や曲に挑戦していくことがミュージシャンを長く続けていけるコツかもしれないね。

===============

僕にとってはハードロックをやるきっかけとなった「文化祭」が終わった。
僕の小さな恋のメロディーはサビらしいサビを迎えることもなく、数小節でエンディングを向かえた。
その失恋話はちょっと悲しすぎる話なので、ココでは割愛する。

さて、高校2年生になった頃には、坊主頭だった頭もロックのロンゲに成長した。
ロックは相変わらず僕達の大事な宝物だった。
当時CDは無くLPレコードの時代だった、LPのジャケットのデザインだけで全く知識の無いレコードを買うと言う博打のような「ジャケット買い」も沢山した。
「これはハードロックだろう」と思ってジャケット買いして酷い目にも何度もあった。
僕はジャケット買いで一番印象に残っているのは、多分ブラジルのバンドの輸入版だったと思うけれど、物凄いハードロックしている格好良いイラストのジャケットのCDだ。
そのCDを物凄く期待して買って家で爆音で聴いたら思いっきり陽気なサンバでひっくり返った。
サンバなのにあんなにハードロック度の高いジャケットはいらんやろ!
デザイナーがロックファンだったのか?
ロキシーミュージックの「カントリーライフ」のジャケットは凄かった。
なんと女性二人の陰毛が見えていたのだ。
純情一直線童貞高校生の僕には大事件だった、あり得なかった、だって陰毛だよ陰毛、お0毛だよおめ毛!
即買いたかったけれど、レジに持っていく勇気が無かった。
だって高校生だもん、汗っかきだも~ん、ドーテーだも~~~ん!
数日その輸入レコード屋に通ってはそのジャケットを確認し興奮し、あまつさえ店で勃起させた。
ある日ついに勇気を振り絞って買った、みの吉は少し大人になった気がした。
そのジャケットには僕の青春時代の憩いの時間にかなりお世話になった。
十数年後あの女性達が実は性転換した男性だと知った。
僕は男性の陰毛で青春を駆け抜けたのだ・・・あまりに不憫な童貞であった・・・。

当時はインターネットも無く情報といえばラジオ、雑誌、テレビしかなかった。
ラジオの横綱はFM大阪のでビートオンプラザが一番だった。
ロック系中心にニューアルバムを紹介する番組だったけれど、なんとフルアルバム全曲をかけるという画期的な番組で大好きだった。
エアーチェックすると言うことを知らなかったので必死で聴いて耳に焼き付けたりしたもんだ。
ロック雑誌の横綱は「ミュージックライフ」だった。
キッスが表紙になったり、レインボーの特集をやったり、僕らのバイブル的雑誌だった。
WILD BOARのギターリストの悟り君は「ミュージックライフ」が大好きで、すぐに全部読むのが惜しくてコツコツと一ヶ月をかけて読みきるのが得意だった。
テレビの横綱はNHKの「ヤングミュージックショー」だった。
まだMTVも無かった時代、動く海外のアーティストが観れる唯一の番組だった。
ヤングミュージックショーは神だった、雲上の存在だった、番組中は正座して穴が開くように観たもんだ。
みんなで録音したカセットを交換したりした。

牧歌的アナログな70年代のミュージックライフであった。
[PR]
by loudness_ex | 2008-03-21 16:47
excite. MusicMall

ブログトップ
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。