二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
LOUDNESS 多忙極める
LOUDNESSデビューアルバムリリースを境に、タッカンのソロアルバム、シングル”Burning Love”と立て続けにレコーディングをやり、一連のイヴェント等のライブ活動をやりながら、その合間を縫ってセカンドアルバムの曲作りに着手、目の廻るような忙しい毎日が始まった。
取材も増え紙媒体への露出も増えてきた。

1982年、3月にはセカンドアルバムのレコーディングに入ることになった。
某日、事務所でレコーディングの為のミーティングがあった。

「これ聞いてみて」

プロデューサーが数本のカセットテープをかけてくれた。
アメリカ人サウンドエンジニア候補のテープだった。
どのテープも素晴らしいロックの音だった。
当時、我々が漠然と思っていた欧米独特の太いロックサウンドがそこにあった。

「次のアルバムはエンジニアを外人でどうかな?」

プロデューサのこの一言でメンバー一同固唾を呑んだ。

(が、外国人・・・・・)

勝手に僕の頭の中で金髪の青い目のロックおじさんのイメージが渦巻いた。
外人なるものは、京都で観光に来ている人しか見たこともなかったし、当然、話なんてしたことも無かった。

(あぁ、そう言えば世界に通じるバンドにしたいって言っていたなぁ・・)

僕はタッカンと始めて会ったときのことを思い出した。

(こりゃ、ほんまにこのバンドは近いうちに世界へ羽ばたく日が来るのかも知れん)

海外レコーディングはもとより、外人エンジニアを起用するということも当時では珍しかった。
バンドの勢いが目に見えない力で世界へとどんどん引っ張られている感じがした。
確かに、このバンドの持つ輝きやパワーは海外でやってもおかしくないのかもしれないとも思った。
その当時、日本人のロックバンドが海外へ行ったという前例はあまり聞いたことが無かった。
唯一、海外で活動経験のあった日本のバンドと言うのは、ジョー山中さん率いるフラワートラベリングバンドと竹田和夫氏率いるクリエーションぐらいは噂話で聞いたことはあった。
ただ、その詳細は分からなかったし、そのようなニュースも知る人ぞ知る次元の話だった。
日本人がロックバンドで世界へ出ると言うのはまだまだ夢物語だったけれど、LOUDNESSのスタッフだけは違っていた。
本気で世界へ出る野望を持っていたのだ。
人には「思ったことが現実となる」という法則があるそうだ。
何事も思い描くことが無ければ実現などしないのだ。
そういう意味では、バンドもスタッフも海外で通用するロックバンドと言う思いは一緒だった。

さて、プロデューサーが聞かせてくれていたカセットは、すべてデモテープと言うことだったけれど、演奏しているバンドやシンガーが素晴らしかった。
どのバンドも聴いたことの無いバンドだったけれどアメリカの裾の広さを痛感した。

その中の一つのバンドのサウンドが一番ハードロックしていて、僕達はそのサウンドに注目した。
そのバンドはサンフランシスコのバンドで、”Atomic Tommy M”と言うギタープレイヤーが在籍していたバンドのテープだった。

「このギターええ音してんなぁ・・」

タッカンが呟いた。

「この人はダニー・マクレンドンさんだね。」

プロデューサーが教えてくれた。

「他に有名なアーティスト手がけてるの?」

タッカンが興味を示した。

「いや、資料には特に有名なバンドは見当たらないなぁ・・」

プロデューサーは答えた。

「この人の音がロックしてて気持ちええなぁ~」

このメンバーの一言で決まった。

デビューアルバムのミックスダウンでかなり苦労したので、外人エンジニアに胸が躍った。

「そやけど、英語喋らなあかんがな・・・どないすんねん?通訳おるんか?」

メンバー一同コミュニケーションが少し不安になった。

ミーティング後、我々は赤坂コロムビアスタジオへ移動して曲作りを始めた。

レコーディングが続き、曲作りを一手に引き受けていたタッカンが度々タッカン曰く知恵熱(!)で倒れた。
それでも、沢山の曲のアイデアが溢れて出てきていた。
ギターのリフのアイデアだけでも数本のテープに及んだ。
僕達は連日スタジオの中でセッションに明け暮れた。
デビューアルバムのセッションと同じく僕は気分の赴くまま雄叫び、ひぐっつあんのドラムが暴れまわり、マー君のベースがグイグイうねり、タッカンが超人になっていた。
それでも僕達は疲れることは無かった。
まだまだやりたいこと、表現したいことでバンドのパワーは溢れていた。
LOUDNESSは手のつけられない暴れ馬のようだった。

そんなセッションを繰り広げていたある夜、久しぶりにTレコードのNさんと食事をすることになった。
Nさんが車の中で思い出したように言った。

「あ!そう言えばアメリカから、なんやアメリカのバンドのデモテープが送られてきたぞ。デビュー前のバンドらしいけど、そのバンドが高崎にギター弾いて欲しいって・・・・。」

Nさんはそのテープをかけた。
聞いたことも無いバンドだった。
演奏もあまりうまくは無かった。
たしかにこのギターならタッカンの方が上手いと思った。

「どうや?高崎?」

Nさんが聞いた。

「ん・・・俺はLOUDNESSでやりたいわ!このバンドで世界目指すわ!!」

「そうか・・・・」

Nさんは納得した。

「バンド名なんて言うんや?」

マー君が聞いた。

そのデモテープのケースに汚い字でバンド名が書いてあった。

METALLICA
[PR]
by loudness_ex | 2008-07-31 08:19
excite. MusicMall

ブログトップ
全体
未分類
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。