二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
初めてハードロックを歌う
初めての練習は収穫の多い経験だった。
自分のベースの演奏者としての実力も思い知った。
なにより、素人ドラマーとは言え、初めて生ドラムを聴いた。
初めて生でエレキのアドリブソロを間近で見た。
初めてバンド演奏をした。
初めてハードロックの演奏を体験した・・・。

初めての練習経験で、ロックが「観賞用の娯楽・趣味」の音楽から僕にとっては「表現する為の掛け替えの無いもの」へと代わった。

結局、このバンドはあっという間に消滅した。
一回きりの練習バンドだった。
ロンゲのN君にはその後二度と会うこともなかった。
ドラマーであるのっぽのA君はいつの間にか学校にも来なくなった。

バンドは消滅したものの、学校では僕とシャラはいつもつるんでいた。
ロックの夢を語っていると時間を忘れた。
そしていつのまにか、あの「軽音クラブ」で気のあった仲間5人で放課後に楽器演奏をするようになった。
当時、上之宮高校には所謂「軽音クラブ」なるものは存在してはいなかったが、僕たちが有志で同好会的に発足をさせて、音楽のS先生が顧問になってくれた。
先輩も後輩もいない、僕らだけの「軽音クラブ」だった。
編成はドラム、ベース、ギター、ギター、ベース、そしてヴォーカルだ。
この軽音クラブのバンド名、みんなイノシシ年なのでWILD BOARにした、よく考えたら僕だけねずみ年だったのだけれど・・・。
シャラはWILD BOARの中でもダントツに上手く、他のメンバーは僕と大して変わらないへたくそ加減だった。
シャラが高校生にしては飛びぬけて上手いギタープレイヤーだったと言うことだ。
放課後の練習は楽しかった、大爆笑をしながら学校から追い出されるまで演奏した。
そしてバンドの当面の目標を「文化祭」にした。
僕は始めて「ヴォーカル」を担当することになった。
何故ヴォーカルだったのか理由は分からないけど、ベースを弾きたいと言うN君がいたからだろう。
このバンドメンバー5人は大の仲良しになって、みんなで輸入レコード屋さんへ行ったり、楽器屋さんへ行ったり、喫茶店へ行ったり・・・・。

程なく学校側から音がでか過ぎると言う事でクレームが付いた。
顧問の先生から「ウクレレとか、もっとアコースティックな楽器にしなさい」と注意を受けた。
結局、学校で演奏練習できなくなって、貸し練習スタジオでリハーサルすることになった。

「文化祭」での曲を決めることにした。
主導権はほぼ100%シャラにあって、メンバーは一目置くシャラの言うことを聞いた。
楽曲は
DEEP PURPLE, BTO,KISS,UFO,SCORPIONSが中心だった。

ある日の放課後、WILD BOARのメンバーで上本町にある練習スタジオへ行った。
既に僕は1度だけだけど、練習スタジオの経験があったのでちょっと余裕があった。

「さぁーほなボチボチやろか?」シャラの掛け声で演奏が始まった。
ある程度学校で予備練習をしていたので演奏が崩壊するようなことは無かった。
SCORPIONSのANOTHER PIECE OF MEATだ!

(実はANOTHER PIECE OF MEATではなくて、Catch your trainである可能性が大です!!すんません!)

ドラマーの掛け声と共にバンドは火を噴いたようにイントロを演奏した。
今まで、学校でショボイ機材で音を小さくして演奏していたから、この爆音が本物のサウンドだと思った。
僕はこのロックの音に身震がした、興奮した、魂が踊り狂っているような気がした。
(おぉ~~!!凄い!!レコードより凄いんちゃうか?ロックは凄いぞ)

僕は生まれて初めてマイクを握り締め、ありったけの力で叫んだ!歌った!
(歌詞削除)

その瞬間、演奏しているメンバーが一斉に僕を見た。
僕の叫びに皆が驚愕していた。
シャラも笑ってはいたけれど僕の声に驚いていた。
僕の歌と共に演奏は益々熱くなった。
演奏が終わった時皆が叫んだ、「うぉ~~~~!!!!」
みんな異常な興奮状態だった。
この時、16歳高校生ロックバンドはまさに「ロック」していた。

僕は「歌う」ことの快感を感じた。
僕の中の何かが弾けた。

僕と「歌」が始めて出会った瞬間である。
[PR]
by loudness_ex | 2008-03-15 14:46
excite. MusicMall

ブログトップ
全体
未分類
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。