二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
撃剣霊化
更新が遅れました!!
師走で忙しいですぅ!!!
ゴメンデすぅ~!!!
今年はこの回で限界かも!!

来年はいよいよ世界デビューの話に突入!!

今年は色々ありがとう!!
来年もよろしく!!!!

I LOVE YOU ALL!!!!!

**************************************

1983年9月1日
初めてのイギリス公演も無事に終わり、その余韻に浸るまもなく即4枚目のアルバムの為のレコーディングに突入した。
スタジオはソーホーから西へ車で30分ぐらいのところにあったサームスタジオだった。
当時のスタジオは治安の悪そうな怖い場所にあったと記憶する。
ソーホーのアパートからスタジオまではタクシーで行ってたけれど、そのうち地下鉄で行くようになった。

初めてサームスタジオに入った時、「編集ルーム」で何やら仕事をしている牛乳瓶の底のようなメガネをかけたオタクみたいな人が「やぁ~いらっしゃ~~い♪」と声をかけてくれた。

(アルバイトの人が熱心に仕事をしているんだなんだな)と思った。

そしてメインのスタジオルームへ入っていくと、そこには今回のサウンドエンジニアのジュリアンメンデルゾーンさんが仕事をしていた。
ジュリアンさんはレコーディングが終わったばかりの音を確認していた。

「いや~~こんにちは!LOUDNESSさん!!」
ジュリアンさんはとても気さくで人懐こい笑顔で応対をしてくださったけれど、目はとても厳しいプロの目をしていた・・・。

「よろしくお願いします」
僕達は緊張しながら挨拶した。

「最高のアルバムを作ろう!!」
ジュリアンさんは激励してくれた。

その挨拶の後ろでは爆音で凄い曲が流れていた。

「これ誰ですか?」
マー君が聞いた。

「これ?”YES”の新譜だよ!!出来上がったばかりなんだ!」

「ぎょえ~~~~!!”YES”????まじっすか~~~!!!!!???」
プログレ好きのマー君は失神した。

「そうだよ、”YES”だよ。久しぶりの新譜なんだ!中々良い出来だよ!!」
ジュリアンは自信たっぷりに言った。

「是非聴きたい!!何か聴かせてください!!」
マー君はじめメンバーで懇願した。

「じゃー、特別に日本から来た友人へのサービスだ!さっき出来上がったばかりの曲を聴かせて上げるよ♪曲名はまだ確定ではないけれど・・・え~っとなんでっけなぁ・・・ここには“owner of a lonely heart”(83年YESの全米No1!曲)って書いてあるけど・・」

ジュリアンは爆音で“owner of a lonely heart”をプレイバックしてくれた。

その「未知の曲」は衝撃の一言だった!!

素晴らしいサウンドにメンバー全員腰を抜かした・・・

(こんな・・凄いエンジニアと一緒に仕事が出来るなんて!!)

その新曲を聴きながら僕達はしばし絶句した。

「あ!!そうだ、”YES”のプロデューサーがまだスタジオにいるから紹介するよ!」
ジュリアンがそう言って「編集ルーム」へ案内してくれた。

「こちらが”YES”のプロデューサーのトレバーホーンさんです!」

(げっ嘘やん!!さっきスタジオの入り口にいた人やん!!アルバイトの人とちゃうがな!!この人がトレバーホーンだったのぉ!!!!?)

伝説的プロデューサー“トレバーホーン”はオタクのようで学生のような人で・・・摩訶不思議な人だった。

兎にも角にも、LOUDNESS4枚目”Disillusion~撃剣霊化”のレコーディングに突入した。

「LOUDNESS4枚目のアルバムはどうなるのか?」
「さすがにもうダメだろう」
「デビュー3枚が衝撃的すぎた・・」
「デビューから今までが出来すぎ・・・・」
「レイジーの勢いでとにかく来たけれど・・」
「ファーストアルバムを超えるのは難しいだろう・・」
「行くところまで行ったバンド・・・」
「ジャパメタもそろそろ飽きて来る時期だろ・・」
「LOUDNESS勝負のアルバムだな・・」
「あまり期待出来ないだろ・・・・」
「LOUDNESS最後のアルバムか?」
「魔界典章以上のアルバムは無理だろう!」
「LOUDNESSはもう限界だろ!」
ロック評論家を始めマスメディアには色んな意見が飛び出た。

僕達はそんな外野の意見は耳に入らなかった。
まったく気にならなかった。
何故なら、出来あがった曲に自信があったから。
その時は暫定的なタイトルだったけれど、”CRAZY DOCTOR” “DREAM FANTASY” "ARES LAMENT” “ESPER”・・・すでに最高の曲が出来あがっていたのだ!

(きっと素晴らしいアルバムになるぞ!)

僕達はアパートで何度もデモテープを聴いて楽曲の細かなことをあれこれ考えた。
各メンバーの激しいやり取りもあった。
タッカンは素晴らしいアイデアに満ち溢れていた。
ひぐっつあんはモチベーションを上げるためのリーダーだった。
マー君は楽曲のアレンジで鋭い指摘をした。
僕は歌詞をまとめるのに必死だった。
LOUDNESSは懸命だった。
LOUDNESSは必死だった。
LOUDNESSは死に物狂いだった。

そしてまさにLOUDNESSは家族だった兄弟だった戦友だった・・・・

そして“撃剣霊化”のレコーディングが始まった。
[PR]
by loudness_ex | 2008-12-28 23:20
excite. MusicMall

ブログトップ
全体
未分類
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。